脊柱セルフエクササイズ(準備中)

  • 再生回数:13

よくご存知の方も多いと思いますが、ゴルファーにとって脊柱(背骨)の可動域は極めて重要な要素の1つとなります。

GPAにとっても、背骨の可動域は重要視しており、運動力学(バイオメカニクス)の観点からもゴルファーにとって背骨の可動性というのは非常に重要となります。ここでは、背骨そのもののしなやかさや回旋(特に胸椎)の可動域獲得、また、背骨と骨盤はうまく連動して動くため、背骨と骨盤のスムーズな連動を獲得するためのセルフエクササイズをご紹介致します。

少しでも参考になれば幸いです。

期待される効果と対象部位

効果
対象部位
背骨の柔軟性改善・背骨と骨盤の連動した動きの改善
脊柱(背骨)・骨盤

セルフケア手順

1

テスト

2

テスト2

ポイント